眠れぬ宵は路地裏の淫らな牝猫に八つ当たりして…
失眠之夜 遷怒於暗巷中的發情母貓
嗚呼…見えざるその腕で首を絞める…
啊啊…看不見的手臂勒緊了脖子
《夢幻影》壊れゆく自我の痛み…
《夢幻影》自我崩壞的疼痛

狂えぬ酔いは屋根裏の小さな居城を転げ回る…
爛醉不已 翻滾於閣樓的小城堡中
嗚呼…見えざるその腕の灼ける痛み…
啊啊…看不見的手臂如灼熱般疼痛
《幻肢痛》安酒を浴びて眠る…
《幻肢痛》沈醉於劣酒之中

黄昏に染まる古き獣の森…戦場で出逢った二人の男…
染上一片昏黃的古老野獸之森…於戰場相逢的兩個男人…
金髪の騎士…赤髪の騎士…
金髮騎士Laurant…紅髮騎士Laurant…
争いは廻り…屍を積み上げる…
永無止盡的戰爭…屍體不斷往上堆疊…
加害者は誰で…被害者は誰か?
加害者是誰…受害者又是誰?
斜陽の影に刃は緋黒く煌めいて――
斜陽之影閃耀著暗紅的刀刃――

片腕と共に奪われた彼の人生
與單臂一同被奪去的他的人生
仕事は干され恋人は出ていった…
丟了工作 戀人也離他而去…

何もかも喪った奪われた最低な人生
失去一切的最糟的人生
不意に襲う痛みに怯える暮らし……
在不時來襲的疼痛中膽怯生存

「大抵の場合…貴方はうなされ殴れから…
「你常常被惡夢驚醒而毆打我…
私は…此の侭じゃ何れ死んでしもうあ…
再這樣下去總有一天我會死去…
さよなら…貴方を誰より愛してる…
再見了…我比誰都愛你…
それでも…お腹の子の良い父親には成れないあ……」
儘管如此…你卻無法成為腹中孩子的好爸爸……」

葡萄酒…発泡葡萄酒…蒸留葡萄酒…
葡萄酒…發泡葡萄酒…蒸餾葡萄酒…
嗚呼…眠りの森の静寂を切り裂き…また奴が現れる――
啊啊…劃破了眠之森的寂靜…那傢伙再度出現――

馬を駆る姿…正に 悪夢 …赤い髪を振り乱して…振う死神の鎌…
策馬奔騰之姿…確實的惡夢 …紅髮隨風飄逸…揮動著死神之鐮
首を刈る姿…正に 風車 …緋い花が咲き乱れて…奮う精神の針…
斬下首級之姿…確實的風車 …紅花交錯綻放…振奮著精神之針…
闇を軽るく纏った──
黑暗輕輕地糾纏而上──

夢から醒めた現実は 其れでも尚も悪夢の中
從夢中甦醒的是現實 抑或是尚在惡夢之中
故に…其の後の彼の人生は 酒と狂気…廻る痛みの中
因此…在那之後他的人生 反覆沉淪於酒精與錯亂
左の頬に十字傷 赤く燃える髪の鳶色の瞳
左邊臉頰的十字傷痕 赤紅如火的毛髮與瞳孔
奴を…殺せと腕が疼くのだ 『見えざる腕』が疼くのだ
想殺了那個傢伙的手臂隱隱作痛 『看不見的手臂』隱隱作痛

誰が加害者で…誰が被害者だ…死神を捜し葬ろう……
誰是加害者…誰是受害者…找出死神將其埋葬吧……

騎士は再び馬に跨がり…時は黙した世界を移ろう――
騎士再度跨上馬背…光陰悄悄地改變了世界――
異国の酒場で再び出逢った二人の男…
於異國酒場再次重逢的兩個男人…

隻眼にして隻腕 泥酔状態にして陶酔状態
單眼對上獨臂 爛醉不已對上神智不清
嗚呼…かつての蛮勇 見る影も無く……
啊啊…昔日的勇猛已不復見……

不意に飛び出した 男の手には黒き剣
突然衝出的男人手中握著黑劍
周囲に飛び散った液体 まるで葡萄酒
周圍飛散而出的液體宛如葡萄酒
刺しながら…供された手向けの花の名──「こんばんあ」
一面刺入一面獻上祭祀花朵的名字──「晚安」
抜きながら…灯された詩の名──「さようなら」
一面拔出一面點亮安魂曲的名字──「再見」

崩れ落ちた男の名はLaurant…走り去った男の名はLaurencin
隕落的男人名叫Laurant…狂奔而去的男人名叫Laurencin
もう一人のLaurantは…唯…呆然と立ち尽くしたまま……
還有一位Laurant…只是訝然站立不動……

誰が加害者で…誰が被害者だ…犠牲者ばかりが増えてゆく…
誰是加害者…誰是受害者…犧牲者不斷增加……
廻るよ…廻る…憎しみの風車が…躍るよ...躍る…焔のように…
轉動吧…轉動吧…憎恨的風車…跳躍吧…跳躍吧…如同火焰一般…
嗚呼…柱の陰には…少年の影が…鳶色の瞳で…見つめていた……
啊啊…在柱子的陰影中…少年的身影…用那紅色雙瞳注視著…

復讐劇の舞台を降ろされ…男は考えはじめる
離開上演復仇劇的舞台…男子開始思考
残された腕…..残された人生…見えざるその意味を――
留下的手臂…殘留的餘生…看不見的意義――

杯を満たした葡萄酒…その味あいが胸に沁みた……
倒滿整杯的葡萄酒…其滋味滿溢於胸口……

Lynn 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()