「彼女こそ…私のエリスなのだろうか…」
她就是…我的愛麗絲對吧…

お揃いね私達 これでお揃いね あぁ幸せ……
我們在一起吧 就這樣在一起吧 啊啊真幸福啊……

女は物言わぬ 可愛いだけの《お人形》じゃないわ
女人並不是物品 並非只是可愛的人偶
──愛しい貴方解って?
親愛的你明白嗎?
ちっぽけな自尊心 満たす為の道具じゃないわ
也不是滿足小小自尊心的道具 
──月夜の《別人格》は勝手?
月夜的裏人格是任性的嗎?
首を絞めれば 締まるに決まってるじゃない
若勒緊脖子 緊繃是理所當然
──月が貴方を狂わせたの?
是月亮讓你狂亂的嗎?
だってしょうがないじゃない 愛してしまったんだもの
但是沒辦法 愛就是這樣的東西
──星が私を狂わせたのは何故?
為何星星讓我發狂呢?

真っ赤な衣装 真っ赤な洋靴
鮮紅的洋裝 鮮紅的高跟鞋
真っ赤な口紅 真っ赤な薔薇
鮮紅的口紅 鮮紅的玫瑰
すれ違う男達 誰もが振り返る…
擦身而過的男人無一不回首
左手には花束 右手には約束を 疾りだした衝動は もう止まらない…
左手有著花束 右手有著約束 奔馳而出的衝動 已無法停止…

お揃いね私達 これでお揃いね あぁ幸せ…
我們在一起吧 就這樣在一起吧 啊啊真幸福啊…
貴方の白い衣装も 今は鮮やかな深紅
你的白色衣裝 如今也染上一片鮮紅
お揃いね私達 これでお揃いね あぁ幸せ……
我們在一起吧 就這樣在一起吧 啊啊真幸福啊……
「…屑でも構わないわ、いつか星になれるなら、輝いてる?ねぇ…私輝いてる?」
「…即使是星屑也無妨、只要有朝一日變成星星就能夠閃耀對吧?吶…我耀眼嗎?」

「綺麗な星空ね」…それは艶やかな女のため息
「好美麗的星空啊」…那是明艷動人的女人的嘆息
「君の方が綺麗だよ」…それは甘い男の囁き
「你比星星更為豔麗」…那是男人輕聲的甜言蜜語
夜空を見上げる恋人達 ありふれた風景
仰望夜空的戀人們 司空見慣的景色
繰り返される恋模様 ほんの些細なこと
一再重複的熱戀模樣 僅是些微不足道的小事

そんな気紛れなひと時を 永遠だと信じたりして
將如此反覆無常的瞬間視作永恆而信仰著
そんな不確かなものを 運命だと信じたりして
將如此不確定的事物視作命運而相信著
泣いたり 笑ったり 愛したり 憎んだりして
哭泣 歡笑 戀慕 贈恨
その束の間 遥か過去の光に想いを馳せたりして
那一瞬間 思念在遙遠過去的光芒中奔馳

あの星々はもう滅んでしまっているのだろうか?
那些星群已經消逝了嗎?
それとも今もまだ滅びに向かって輝き続けているのだろうか?
或是如今仍持續閃耀著慢慢迎向滅亡呢?
光年という名の途方もない尺度の前では
在無法以單位衡量的光年面前
人の一生など刹那の幻に過ぎないのかも知れない…
人生或許只不過是稍縱即逝的虛幻

──そんな些細なこと されど偶然とはいえ
那般微不足道的小事 或者可以稱之為偶然
嗚呼…偶然とはいえ彼女は見てしまった
啊啊…雖然是偶然她卻看到了
お揃いの白い服を着て幸せそうに寄り添い歩く
穿著白色衣裝 幸福的依偎而行
彼と見知らぬ女の姿を……
他和從沒見過的女人……

お揃いね私達 これでお揃いね あぁ幸せ…
我們在一起吧 就這樣在一起吧 啊啊真幸福啊…
貴方の白い衣装も 今は──
你的白色衣裝 如今──
「何故…何故なの…何故なのよ──!!」
「為什麼…為什麼會這樣…為什麼會這樣啊──!!」

酸素に触れた赤は やがて黒に近づき示す
接觸到氧氣的鮮紅 終究轉變為暗黑
二人はもう永遠に 一つにはなれないという事実を…
象徵的是兩人永遠無法合而為一的事實

凍てついた銀瑠璃の星々 燃上がる滅びの煌きよ
凍結的銀色琉璃星群 燃起滅亡的燦爛光輝
失くした楽園の夢を見る 私を導け《星屑の幻灯》
夢見已消失殆盡的樂園 引導著我的是星屑幻燈

──想い出を過去の光として埋葬出来ない限り
──只要無法埋葬將回憶視作過去的光芒
孤独な亡霊は荒野を彷徨い続けるだろう
孤獨的亡靈便會持續在荒野徘徊吧
女の手は悲しい程に短く星屑には届かない
小巧的感到悲哀的女人的手無法觸及星屑
嗚呼…その手を握り返したのは『仮面の男』だった──
啊啊…回握著那隻手的正是『仮面之男』──

Lynn 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()